企業や店舗などで売上げを伸ばしたい、集客数を増やしたい、効率良く宣伝したいという場合は、販売促進グッズの中でもポケットティッシュがおすすめです。使い方としては、街頭での配布や各家庭の郵便受けへの投函、タクシーなど利用時にサービスとして渡すなど、その使い道は非常に幅広いです。単にチラシだけを配布するのでは、受け取ってもらえる確率や目を通してもらえる確率は決して高くありませんが、外袋にチラシを入れ込む方法や直に印刷する方法をとれば、受け取りや目通しの機会は必ず増えます。他の販促グッズにはボールペンなど色々ありますが、あった方が嬉しいティッシュペーパーは欲しい人が多いため、単価が安いのに宣伝効果がとても期待できる広告媒体としてよく利用されています。

販促グッズは激安でなければ意味がない

いくら優れた宣伝効果を持つポケットティッシュといっても、単価が安くなければ意味がありません。利用を検討する際はインターネットを利用すると良いです。販促グッズを扱うお店はいくつかありますが、価格と品質、実績を兼ね備えたお店を利用することをおすすめします。その理由は、良いお店は単価が激安で、スピーディな納品が可能であるためです。単価は安いもので2〜3円といったところで、即日発送してくれるところもあります。また、少数発注でも大量発注でも受けてもらえるので、予算に合わせて注文することが可能です。インターネット利用のメリットは、安くて早い、そして品揃えにありますので、他企業や他店と差をつけたい場合は、変わり種で話題になるデザインのものを使うというのも方法の一つです。

もらった人の記憶に残すためには

販促グッズの目的は、企業や店舗が自分たちの社名や店名を覚えてもらい、そしてクーポン券などのチラシを広く配布することにあります。しかし、印象の薄いデザインでは期待する効果は得るのは難しく、また品質が明らかに良くないものでは、もらった人がその企業や店舗に対して良くないイメージを持つこともあります。品質が良くないというのは、ティッシュの肌触りがあまりにザラザラしていたり、枚数が少なくスカスカしているなどです。やはり、販促グッズにも配慮が必要なので、品質には注意すべきです。企業や店舗のイメージに合わせて、黒色やしっとりした肌触りの保湿ティッシュを使うところもあります。白色のごく普通のティッシュよりも単価は若干かかりますが、その分印象に残す効果は絶大であり、その効果を考えれば決して高くはありません。